家探しを応援 > 住まいづくりの心得

ホームへ戻る

あなたの家づくりを応援します!

住まいづくりの心得

住まいづくり(購入)をする前に

結婚を期にとか、子どもが生まれ家族が増えたからとか、親と同居した方が安心。など暮らしの変化により家を持とうと思われる方がほとんどかと思います。戸建てにするか集合住宅にするか選択肢はさまざま。もしあなたが戸建てにしようと決めたのであれば何からはじめ、誰に相談したら良いかすぐに応えられるでしょうか? 住まいづくりを考えられる、ほとんどの方々が未経験者です。家を購入することは、人生を送る中で最も高い買い物の1つです。失敗をしないために家づくりで知っておきたいことを私たちがお手伝いし、少しでもみなさまの住まいづくりのお役にたてればと思います。

Q1 何から始めたら良いかわからないのですが…

Q2 土地がないのでまずは土地さがしからはじめなくては?

Q3 多くの物件を見て目を肥やすことが大切なの?

これらの質問に沿って、失敗しない住まいづくりのステップを学んで行きましょう!

↓

Question01 家を購入したいけれど、何から始めたら良いかわかりません。みんなどうしてるのかしら……?!

Advice01 まずはあなたの希望を整理し、家をさがすことのきっかけになった原点を再確認して見ましょう!

↓

Step01 きっかけ編①~③

「そろそろ家を購入しようか…」と考えているけれど、「いつ?」「どうやって?」購入するかというスタートからわからないことだらけ。わからないことを誰に聞いていいかも明確ではありませんよね。そういう方が弊社へ来られたらお話を伺った後に次のような質問をさせていただきます。

①家さがしを考え始めたきっかけは?②身近な人で最近住宅を購入された方がいる?③弊社を訪ねていただいた理由は?

↓

①~③の質問に答えていただくと、家探しのきっかけがだいたい見えてきます。多くのお客様が「なぜ家を購入したいか」ということの原点を具体的にお話できないことも少なくありません。まず原点を認識することで『本来、家を購入したい思い』が明確になり、その軸がブレずにいることで家さがしをスタートできます。

きっかけがわかったら、次の質問です。

↓

Step02 現状編④〜⑥ ④現在のお住まいを選んだ理由は?⑤現在のお住まいで気に入った点は?⑥現在のお住まいで、ご不満な点は?

現状が把握できた次は新しい住まいに望むことを質問します。

↓

Step03 希望編 ⑦〜⑧ ⑦新しい住まいに何を求めますか?⑧将来の暮らしを想像していますか?(ご両親と同居する。など)

↓

上記にあげた質問に答えていただくと、お客様が住まいに求めるものが見えてきます。それがわかると、後々の物件紹介時に役立ち、お客様にも理想により近い物件をご紹介できることでしょう。ですから上記の質問は物件選びの大事なポイントなのです。住まいづくりをされようとしているみなさんも、書き出してみると改めて気づくことが出てくるかもしれません。また、気持ちが整理されやりたいことが見えてきますよ。

結論 住まいづくりの心得その1 家さがしのはじまりは『なぜ家がほしいのかを明確にさせる』こと。

物件紹介や商品のご説明は住宅購入に必要な知識を
身につけてからで大丈夫です!

上記の質問にお答えいただきヒアリングした後は、すぐに物件を紹介したり弊社の家づくりなどの営業的な説明をされると思っていませんか?じつはそこへたどりつくまでにはもう少し『家づくりの基礎知識』を学んでもらいたいのです。基礎知識を身につけておくと、これから土地を探したり、住宅を選ばれたりする際に、ブレなく、しっかりした軸をご自身で持つことができます。家づくりは決めなければならないことが多く、軸ができていないと迷うばかりで、なかなか先へ進むことができません。失敗しないためには住宅購入に必要な知識を最低限学び、決断力を養っていくことが大切なのです。

↓

続いて『基礎知識』を学びましょう!

ホームへ戻る
次を見る